【妊娠中のお口】

妊娠するとお口の中や体に様々な変化が表れます。

だ液

妊娠中はつわりや食習慣の変化などにより、通常弱いアルカリ性の唾液が、酸性に傾く方がいらっしゃいます。
だ液はお口の中を浄化しています。
その唾液の働きが悪くなることで歯周病や、むし歯、口内炎、口角びらん(炎症)を起こしやすくなります。

食事の内容・回数

お腹のお子さんが大きくなるのにともない胃が圧迫されて食事が満足に摂れず、食事の回数が多くなることがあります。
また、だらだらと時間をかけて食事をすることも多くなったり、食の好みが酸っぱい物や甘い物に偏ることもあります。
その結果、歯周病やむし歯になりやすくなります。

歯みがきできない

妊娠中のつわりで歯みがきが難しくなることがあります。
つわりがひどい方は歯ブラシをお口に入れただけで吐き気をもよおし、歯みがきができない方もいらっしゃいます。
しかし、歯みがきをしないと歯周病やむし歯になりやすくなります。

シミになった・便秘になった

妊娠中エストロゲン(卵胞ホルモン)やプロゲステロン(黄体ホルモン)といった女性ホルモンが大量に分泌され、通常時の10~1,000倍にもなります。
その結果お肌にシミができる、便秘になるなど、さまざまな変化をもたらし、お口の中も変化します。
女性ホルモンが大量に分泌されることにより妊婦の歯周病 妊娠性歯肉炎にかかりやすくなります。