歯が黄ばむ原因

歯が黄ばむ大きな原因は3つあります。

ステイン(着色)

歯が黄ばむ大きな原因は「ステイン」です。
ステインとは歯の表面のタンパク質と、ステインの原因物質が作用して作られる、歯の汚れのことを言います。
ステインのもとは色の濃い飲み物(ワイン、お茶、コーヒーなど)に多く含まれています。

喫煙

たばこのヤニも歯を黄ばませる原因の一つです。
ヤニは粘着力があり、歯にこびりつきやすい性質があります。

加齢

年齢を重ねることで、歯の表面のエナメル質がすり減り、内側にある黄色みがかった象牙質が露出してくることがあります。
また、歯石が沈着すると、歯の色が黄ばんだように見えることがあります。