ワンタフト

ワン(1つの)タフト(毛束)という意味です。
歯ブラシだけでは半分くらいしか綺麗にみがけません。
ワンタフトブラシは普段の歯ブラシではみがけていない部位(リスク部位)を主にみがくブラシです。
歯を1本1本ていねいにみがく感覚で使用しましょう。

ワンタフトの特長

歯と歯の間のくぼみにピタッと当てはまるように中心部からなめらかにカットされている為、細やかな操作が可能。みがき残しがあるせまい部位など(リスク部位)効果的にみがけます。

歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目はもちろん、奥歯の奥側、歯並びの悪い所などリスク部位(みがき残しやすい部位)のプラークも簡単に落とせます。

  ※リスク部位 自分のみがけていない部位を知りましょう(染色)

ワンタフトがちからを発揮する部位

・歯と歯の間
・歯と歯ぐきの境目
・奥歯の奥側
 一番歯周病やむし歯が進行しやすい場所です。
・前歯の裏側のくぼみ
・生えかけの親知らずのまわり
・矯正器具の下
・部分入れ歯を使われている方
 <部分入れ歯のフック(ばね)がかかっている歯には歯こう(プラーク)が多く残り、むし歯や歯周病が進行します。>
・歯並びが悪く重なり合っている部分