インプラント周囲炎 | 歯周病

インプラント周囲粘膜炎とインプラント周囲炎について

インプラントの場合もきちんとしたセルフケアを怠れば、インプラント周囲粘膜炎や、さらに悪化すると、インプラント周囲炎になります。


これらの疾患はご自身の歯だったころに比べて、進行が早く、痛みを感じにくいです。
ゆえに、気づかずにインプラント歯周炎にどんどん進行される方が多いです。
また、インプラント周囲炎が進むと、インプラントを埋め込んだ骨が破壊され、最終的には抜け落ちてしまいます。

インプラント周囲炎-ナノデンタルαならアットイーハ

天然歯と同じくインプラントの周囲の歯肉にも炎症は起こります。炎症は歯肉が赤く腫れ、ブラッシングの際に出血、違和感があります。

プラークは(歯垢)ねばねばしたバイオフィルムと呼ばれる歯周菌のまくを歯や歯肉の周囲に形成していきます。

このプラークをしっかりと取り除くことが大切です。
プラークは歯肉に炎症を起こして悪化させます。

この炎症を【インプラント周囲粘膜炎】と言います。

インプラント周囲炎-ナノデンタルαならアットイーハ

もしプラークが残ったまま放置しておくと…徐々に硬くなっていき、歯石となります。歯石の表面は粗いのでさらに多くのプラークが付きます。その中の歯周病菌が歯肉溝の中に入っていきます。そして、インプラントと結合している、歯槽骨を破壊していくのです。

つまり、院プラントの支えとなる部分が徐々になくなる、ということです。

インプラント周囲粘膜炎が進行することで【インプラント周囲炎】になります。

歯周病もインプラント周囲炎も、多くの場合は痛みを感じず進行していきます。そのために早い段階で発見し進行を防ぐためには専門家による定期的メンテナンスが重要です。

発見が遅れるほどに、インプラントは支えを失っていきます。

メンテナンスやご家庭でのケア不足、喫煙習慣はインプラント周囲炎を引き起こす、危険因子です。



インプラント周囲炎 | 歯周病

​インプラント周囲炎の増加

インプラントの普及とともに、当外来においてもインプラント周囲の炎症症状を主訴とする初診患者は増加しております。一般に歯周病の既往とインプラント周囲炎の発症には関連がありますが、天然歯には炎症が認められないにも関わらず、インプラント部位だけ炎症を発症している例も認められます。そのため、インプラントに対するプラークコントロールは天然歯と同等以上に注目する必要があると考えられます。

インプラント周囲炎 | 歯周病

健康な歯肉はピンク色で引き締まっています。ブラッシングをするとき出血や痛みがあることがありません。
インプラントは歯を支える骨(歯槽骨)と結合しています。インプラントと歯肉の隙間を歯肉溝(歯周ポケット)と言います。



インプラント周囲炎 | 歯周病